HOME > 一般の皆さまへ > エアゾール製品について

エアゾール製品について

エアゾール製品を安全に使用するために注意していただきたいこと

エアゾール製品の多くは高圧ガスを使用した可燃性の製品です。容器に表示されている「使用上の注意」を必ず読んで、使用中に起こる事故を防ぎましょう。

ファンヒーターなどの暖房器具の近くには置かない!!

ヘアスプレーなどのエアゾール製品には、噴射剤としてLPガスなどの可燃性の高圧ガスが使われています。暖房器具の近く(特にファンヒーターの吹き出し口など)や火気のある場所に置かないように注意してください。

閉め切った室内などの狭い空間で使用する時、絶対に火気は使用しない!!

閉め切った室内、車内などの狭い空間で、エアゾール製品を使用している時や、使用した直後には、絶対に火器は使用しないでください。
引火の危険性があります。

詳しくはこちら https://www.aiaj.or.jp/safety.html

エアゾール製品を捨てるときに注意していただきたいこと

エアゾール製品の多くは、可燃性ガスを噴射剤として使用しているため、中身が残っている容器に、不用意に穴をあけたり、中身が残ったまま“ごみ”に出すと、火災や破裂事故につながることがあります。

廃棄作業は、火気のない風通しのよい屋外で…!!

エアゾール製品の中身を噴射ボタンで出し切ったり、その後「ガス抜きキャップ」を使って残ったガスを排出したりする作業は、必ず火気のない風通しのよい屋外で行ってください。
キッチンシンクの中など、屋内でのガス抜き作業はたいへん危険です。
周りに火の気がなくとも、静電気等で引火する可能性があります。

詳しくはこちら https://www.aiaj.or.jp/exhaust.html

ガス抜きキャップの使い方

スプレー缶にはガスを出し切るための【ガス抜きキャップ】が装着されています。中身のガスを出し切るために、ガス抜きキャップを使いましょう!
但し、下記のスプレー缶(エアゾール缶)商品には、ガス抜きキャップは付いていません。

【炭酸ガス・窒素ガス等の不燃性ガス使用商品(商品の表示をご覧ください)や
泡状・ジェル状の製品、100g以下の製品】

詳しくはこちら https://www.aiaj.or.jp/mechanism.html
https://www.aiaj.or.jp/living_2.html(動画)

※ 使い切ったエアゾール缶とプラスチックごみは各自治体の指示に従い分別してごみに 出してください。
エアゾール缶は、中身を完全に使い切ってあれば、安全に廃棄することができ、またリサイクルも可能です。