HOME > 一般の皆さまへ > 基本編 > 誤飲誤食してしまったときは

基本編

誤飲誤食してしまったときは

化粧品の原料は安全性の高いものが使われています、万一誤って食べたり飲んだりしても特に危険はありませんが、念のため医師の診療を受けるようにしましょう。

ただし、ネイルカラーや除光液、脱毛剤、脱色剤など、粘膜に炎症を起こす恐れがある製品もあります。これらの場合はただちに医師の診療を受けてください。
医師の診療を受けるときは誤飲・誤食した化粧品と全成分表示の書かれたものを持参しましょう。