HOME > 一般の皆さまへ > 基本編 > 化粧品を保管するときに注意していただきたいこと

基本編

化粧品を保管するときに注意していただきたいこと

  • 化粧品を使った後は、容器の口元をティッシュなどできちんとふきとり、必ずキャップをしっかり閉めてください。

    容器の口元に中身がついているとキャップがきちんと閉まらないことがあるので注意しましょう。キャップがきちんと閉まっていないと、中身が乾燥して固くなってしまったり、空気中の雑菌が化粧品に混入して品質低下の原因になる場合があります。

  • 開封した化粧品はできるだけ早めに使いきるようにしてください。

    使用後に容器のキャップをきちんと閉めていても、長く使っている間には中身が少しずつ空気に触れます。品質低下を防ぐため、開封後の化粧品はできるだけ早めに使いきるようにしましょう。

  • 化粧品は、直射日光のあたる場所、高温多湿の場所、温度変化の激しい場所を避け、常温で保管してください。

    特にストーブやヒーターなど暖房器具の近くや、日中の屋外に駐車した車の中、浴室乾燥機のついたパスルームなどは非常な高温になりますので注意しましょう。液もれ、容器の破裂の原因になることもあります。また、高温や低温、激しい温度変化は、場合によっては化粧品の品質低下の原因となることがあります。

  • 化粧品は、ドレッサ一、洗面台などの上に直接置かないようにしてください。

    化粧品には、アルコールや香料、保湿成分、オイルなど、肌にとっては安全でも、家具の塗料や洗面台のプラスチック部分を変質させる成分が含まれていることがあります。ドレッサーや洗面台の上に化粧品を置くときは必ずトレイなどの上に乗せて化粧品が付着することのないよう注意しましょう。

  • 化粧品は、乳幼児などの手の届かないとごろに保管してください。

    化粧品は色のきれいなものや香りのよいものが多くあり、乳幼児や認知症の方などの誤飲・誤食の可能性がありますので十分注意しましょう。